ぷらら光への転用体験記

私が今利用しているインターネットサービスはplalaのぷらら光です。
以前はNTT東日本フレッツ光回線を利用していて、プロバイダーはぷららを利用していました。
いつからかNTTの光回線の光コラボレーションが始まり、契約を1本化すると利用料が安くなりますとの営業電話が来たことを機会に自分で調べ、数ヶ月悩んでから契約しました。
それまでも色々な会社から安くなりますとの営業電話が来ましたが、いまいち安定性に心配があったためやめていました。
しかしNTTコミュニケーションズのグループ会社であるplalaならば光コラボレーションでも安定したサービスだろうと思い契約しました。
以前から契約していたこともあって、契約の変更は少し時間がかかったものの電話口だけで出来ました。
gazo 5
転用の手続きは少しわかりにくいところがあって、苦戦したりもしました。
あと、回線の契約はぷらら光、プロバイダーはそのぷらら光にこみこみになるということはわかりましたが、フレッツ光で契約していたオプションサービス。
例えばひかり電話やナンバーディスプレイはNTTとの契約になりますといった、複雑な説明をされてとても混乱しましたが、とりあえずそうなるんだと納得していました。
そして電話口で無事に契約を完了し、その数日後に別段工事があるわけでなく、設定を変えるでもなく、回線が切り替わったようです。
本人には回線が切り替わったという自覚は全くありません。
そして契約書が送られて来た時に気になるところがありました。
gazo(4
別に利用していないし、必要だとも思っていなかったひかりテレビの契約が勝手になされていたことです。
契約書類にはひかりテレビエントリープランに加入と表示されていました。
私は契約の時には何も話しがなかったので、勝手にオプションサービスをつけられて料金を取られたのではたまったものじゃないと思いサポートに電話しました。
プロバイダーのサポートはどの会社もなかなか繋がらないものだと思っていたら、ぷららは意外と早くつながり聞いてみました。
ぷららに加入しているとエントリープランは無料で使えるとのことでした。
無料ですがオプションを外しますか。と聞かれましたが、無料ならば使ってみようかと思ってそのままにしました。
とても有用なサービスだとは思いますが、その旨を加入の時の電話口で一言説明して欲しかったと思いました。
全体的にぷらら光に変えて良かったのではないかと思っています。
NURO光キャッシュバックが最も高い代理店はここだ!